現代風俗は様々な種類アリ

次に風俗嬢を指名して個室に入ったら、「サービス料金」を今度は直接風俗嬢に支払います。ソープランドはモトモト風俗店ではなく「特殊浴場」と呼ばれていて時代もありますので、現在でもその当時の名残りが残されているという事なのでしょう。

 

お風呂を利用するための料金としてあくまで支払うもので、ソープランドの入店料のようなものです。意外にこんな事をいうとおもわれる人もいるかもしれませんが、でもいろいろ話題に最近なることのたんまりキャバクラとかホストクラブなどみたいに、風俗ではお手頃な価格で明朗会計のシステムですから一晩で数十万円から、数百万円もの現金が飛び交うような大金のかかる遊びとは違い、安心して遊ぶ事ができます。

 

とくにこの「格安店」、「一般店」、「高級店」という分け方には、決まりがあるわけではないのですが、大体いくらくらいの料金で遊ぶ事ができるかという目安になるみたいにサービスの質が違うというよりも、区別をされているようです。そのサービスのないみたいによって風俗と一口に言っても、料金が違ってきますから、比較を単純とすることはできませんが、プレー料金によって風俗の代表的な存在である「ソープランド」の場合でいうと、「格安店=一万円以下」、「一般店=1〜3万円」、「高級店3万円以上」というように分ける事が出来ます。

 

他の遊びに比べて風俗店で遊ぶのは、お金が意外とかからないものです。ソープランドに入店して、この「入浴料」というのは、フロントなどの受付で支払う料金のことを言いいます。

 

数ある風俗店の中でもこの「入浴料金」や「サービス料金」と言うのは、ソープランドにしかない料金表示です。大抵料金表がソープランドのカウンターには、掲示をされてる事が多く、料金表をよく見てみると「入浴料金」と「サービス料金」に分けて表示をされてることに気がついた人もいるとおもいます。